Check This

Love Dream & Happiness

lyrical schoolのワンマンライブに行った話。

ずっと楽しみにしていたイベント、リリスクワンマンライブ@リキッドルームが終了しました。

なんというか、まだ夢なんじゃないかなっていう想いでいっぱいで、うまく言葉にできなかったんですけど、ちょっと書いていこうと思います。

セットリストはメンバーブログやTwitterをどうぞ。

私がリリスクに出会ったのは、メロコトンというクラブイベントの時で、当時はまだtengal6っていう名前でした。

その少し前にラップに興味を持ったことがあって、それもあってすんなり彼女たちを受け入れられた。

バンド畑で育った私からしたら、打ち込み音楽やラップは違うものって思っていたし。

当時の彼女たちは、正直な感想を言えばうまくないし、ラップとしては未完成だったと思う。ただ、一生懸命な姿を見てひきつけられて、そこから応援するに至りました。

初めて、「tengal6を見に行こう」って思って見に行ったのは、tengal6名義としての最後のワンマンライブ、渋谷LUSHで行われたライブでした。

 

 懐かしいね。懐かしいからツイート引用しちゃった。

(この時の特典DLリンク、DLしようと思ってたらいつの間にか期限過ぎててDLしそこなった思い出。笑)

ここのキャパってせいぜい満員で250くらいだと思うんだけど、満員とは言えなかったと思うし(後ろだったからかもしれないけど)、女性客も少ないし、ゆったり見てる感じでした。

それが今回の恵比寿、キャパはだいたい900くらいだと思うんですけど、満員御礼。女性エリアや、キッズの姿も見えて、本当に大きく成長したんだなあって思いました。

私は正直リリスクにはまるまではアイドルって売り方が好きじゃなくて敬遠してたし、むしろ嫌いだった。

(好きなバンドはオリコンに入らないのに、握手で釣ってるアイドルがなんであんな売れてるのよ!みたいな笑)

そういう意見も経験しているからこそ、今回の複数バージョン売りは、賛否両論あったと思います。

し、オリコン9位になった以上は、そういった意見を今後も聞かなくちゃいけないかもしれないと思います。

アイドル界の中では、「リリスク売れたね!」っていう意見が多いかもしれないけど、全体の中からしたら、正直、「またアイドル?」っていう意見もあって当然。

ただ、そういう意見をもらえる土俵に立ったってこと。

彼女たちのラップは確実にうまくなっている。

最初のころは、なんとなくふわっとした感じで、「かっこいい」ではなかった。

でも、今は本当にかっこいいし、彼女たちがここまでスキルをあげたんだっていうのを見せつけた感じがある。

その結果がこの前のワンマン成功と、オリコンっていう結果。

ワンマンライブでは、いろいろなことを考えました。

FRESHの前に、ラップをするのは楽しいですと、胸を張って言えるっていうとこからのあの会場の盛り上がり方を見て。

後方から見ていたからびっくりしたし、こんなにたくさんの人がリリスク「だけ」を見に来ているんだって思ったらなんだかとてもうれしくて涙が出そうになりました。

そして、「bye bye」

メンバーの卒業や入れ替えもあって、時代ごとに違うリリスクを見てきて。

まりこちゃんとえりかちゃんが立て続けに抜けた後は、正直、次はだれが抜けてしまうんだろうって思ってしまうこともあって、不安な日々もあった。

でも、ワンマンで、輝いている6人を見て、「この6人で」っていうセリフを聞けて、これからもリリスクはこの6人で駆け抜けていくんだなって思ったら、安心した。

ひなちゃん、みなんちゃん、リリスクという道を選んでくれてありがとう。

加入当時はおぼつかなかったラップも、今はとてもかっこいいです。

6人の今後の飛躍に期待です。

Photographはとても好きな曲で、会場のペンライト。とても素敵だった。後ろから見ていて本当に圧巻でした。

あれ、ステージから見たらもっとすごかったんだろうなあ!

私はかわいくないし、なんのとりえもないし、日の光にあたることなんてめったになくて、いつも縁の下で何かして、だれかの邪魔にならないように生きてきたつもりだったから、アイドルっていう、みんなに注目されて、みんなの夢である存在にすごく憧れを持っているし、尊敬しています。

私もがんばるぞー。

長くなっちゃったし、うまくまとまっていないけれども、とりあえず伝えたいのは、

ラップってすごいなって思わせてくれた人たち、

メロコトンに誘ってくれた人、

ワンマンライブに行く一歩をくれた人、

お姉さんだなって思って憧れていたまりこちゃん、

久々に接触に行くたびにやさしく接してくれたえりかちゃん、

可愛いふわふわしてる感じを見せつつガツンと決めるあやかちゃん

いつも優しい笑顔で迎えてくれて元気いっぱいのめいちゃん、

ひまわりに負けない笑顔と優しさ満開のあみちゃん、

会いに行くたびにつっぴのポーズしてくれるゆみちゃん、

年下とは思えないくらいパワフルなひなちゃん、

素敵な笑顔と優しさでリリスクという道を選んでくれたみなんちゃん。

リリスクを支えているスタッフのみなさん。

ありがとうございます。

あなたたちのおかげで、私は今日も生きています。